花粉と疾患

東海花粉症研究所 所長 宇佐神篤先生

花粉症とは

花粉症は花粉によって生じるアレルギー疾患であり、花粉に感作された個体が原因花粉に曝露されることにより発症する型アレルギーに分類される。毎年ほぼ同じ時期に花粉の飛散時期に一致して症状が出現し始め、花粉の飛散量の増加とともに症状が増悪し、その時期が過ぎると花粉症の諸症状が消失するのが通常である。鼻粘膜、鼻汁中に存在するマスト細胞(肥満細胞)、好塩基球の細胞膜上の特異的IgE抗体と花粉抗原との反応の結果遊離されるヒスタミン、ロイコトリエンC4、D4などの化学伝達物質の作用で症状が発現する。本症は鼻アレルギー、アレルギー性結膜炎などの症状が合併するのが特徴である。その他の症状についても、気管支、口腔、咽喉頭、胃腸、耳、神経症状、ほかの全身症状など実に多彩で、患者の精神的負担にもなっている。

抗原が一種ではない重複抗原例も多く、そのような例では発作増悪期も長くなり、苦しみは増す。また、近年スギ花粉症による著明な顔面の発赤と腫脹を伴う例が見られるようになっている。

特定の花粉症、特にブナ科・カバノキ科においては、口腔、咽喉頭粘膜に起こる型アレルギーで、果物、野菜、堅果類を摂取後間もなく口唇、口腔、咽喉頭の痒み、腫脹が生じ、時に喉頭浮腫、さらにはアナフィラキシ-ショックに及んで生命の危険にもさらされかねないことがあり、花粉症診療上重要な病態である。

花粉症の発症機序

花粉症はⅠ型アレルギー反応の発症機序を示す。すなわち、花粉を吸入すると、花粉は鼻粘膜上に沈着する。鼻粘膜層で花粉から蛋白や糖蛋白などの抗原物質が遊離し、それが異物と認識されて抗原特異的IgE抗体が産生される。そして、肥満細胞の表面にFcε受容体を介して結合した抗原特異的IgE 抗体と、再び侵入した花粉の抗原成分との間に抗原抗体反応が起こり、次いで脱顆粒によってヒスタミン、ロイコトリエン、好酸球遊走因子、血小板活性化因子などの化学伝達物質が放出される。抗原に出合うとすぐ引き起こされるアレルギー性鼻炎3大症状の、くしゃみ発作、水様性鼻汁、鼻閉は主にヒスタミンの作用による(即時相反応)。即時相反応から6~8時間後に再び起こってくる鼻閉は、好酸球などの炎症性細胞によって引き起こされ(遅発相反応)、長期に及ぶと慢性炎症として不可逆性の鼻閉となる(図1)。

拡大して表示する
第1回那須ティーチインより

歴史

花粉症の同義語としても用いられる 枯草熱-hay fever-という病名が使用されるようになったのは1828年のことである。1873年には 枯草熱の原因は花粉であるこが証明され、これにより花粉症-Pollinosis-という病名が誕生した。日本において系統的に花粉症例が報告されたのは1961年のことであり、抗原花粉はブタクサであった。この報告を期にわが国での花粉症の研究が本格化したが、1964年にはスギによる花粉症が21例報告され、さらにさまざまな花粉を抗原とする花粉症が次々と報告されるようになった。

今日重要と考えられる花粉アレルギーの大部分は1961~1970年間に報告されているのが特徴で、その後は特殊な環境で発症するような抗原の報告が多くなり、特に1980~1985年にかけては職業性花粉アレルギーが続けて7種も報告された。

花粉症の現況

1930、40年代に行われていた空中花粉調査の結果として日本には花粉症の原因花粉がないとの考えもあったが、後にブタクサ、カモガヤ、そしてスギによる花粉症が報告され、現在では多数の抗原花粉が発見されている。

1961~1998年までに、わが国では59種の花粉抗原が報告されるに至った(表)。

【表 我が国で報告された花粉アレルギー一覧(1998年10月現在)】

登録
No.
報告年 名称 報告者
1 1961 ブタクサ
花粉症
荒木
2 1963 スギ花粉症 堀口
3 1964 カモガヤ花粉症 杉田
4 1965 イタリアンライグラス花粉症 寺尾
5 1968 カナムグラ花粉症 堀口
6 1969 ヨモギ花粉症 我妻
7 イネ花粉喘息 木村
8 コナラ属花粉症 降矢
9 シラカンバ花粉症 我妻
10 テンサイ花粉症 松山
11 1970 ハンノキ花粉喘息 水谷
12 キョウチクトウ花粉喘息 池本
13 スズメノテッポウ花粉症 中嶋
14 1971 ケンタッキー31
フェスク花粉喘息
舘野
15 ヒメガマ花粉症 宇佐神
16 1972 ハルジオン花粉症 清水
17 イチゴ花粉症 寺尾
18 1973 ヒメスイバ
ギシギシ花粉症
我妻
19 キク花粉症 鈴木
20 1974 除虫菊花粉症 中川
21 クロマツ花粉症 藤崎
22 1975 アカマツ花粉症 藤崎
23 カラムシ花粉喘息 浅井
24 ケヤキ花粉症 清水
25 1976 クルミ花粉症 加藤
26 タンポポアレルギー 川村
27 1977 モモ花粉症 信太
28 セイタカアキノ
キリンソウ花粉症
小崎
29 1978 イチョウ花粉症 舘野
登録
No.
報告年 名称 報告者
30 1978 バラ花粉症 斎藤
31 リンゴ花粉症 袴田
32 1979 アカシア花粉症 宇佐神
33 1979 イエローサルタン
花粉症
安部
34 1980 ヤナギ花粉症 宇佐神
35 ウメ花粉症 打越
36 ヤマモモ花粉症 宇佐神
37 1981 ナシ花粉症 月岡
38 1982 コスモス花粉症 山木戸
39 1983 ピーマン花粉喘息 奥村
40 1984 ブドウ花粉症 月岡
41 クリ花粉症 宇佐神
42 コウヤマキ花粉症 芦田
43 1985 スズメノカタビラ
花粉症
高橋
44 サクランボ花粉症
45 サクラ花粉症 永井
46 1986 ナデシコ花粉症
47 1987 アフリカキンセンカ花粉症 坂口
48 1989 オオバヤシャブシ花粉症 中原
49 ツバキ花粉症 一川
50 1990 スターチス花粉症
51 1991 アブラナ属花粉症 芦田
52 1992 グロリオサ花粉症 元木
53 1993 ミカン科花粉症 藤原
54 1994 ネズ花粉症
55 ウイキョウ属花粉症 内藤
56 オリーブ花粉症 西岡
57 1995 イチイ花粉症 高橋
58 1998 オオバコ属花粉症 宇佐神
59 マキ属花粉症 宇佐神
宇佐神篤ほか:現代医療, 31(増IV): 2831-2841,1999

1970年代の半ばから著しく増加しているアレルギー性鼻炎において、ヨモギ抗原のように皮内反応陽性率がプラトーに達しているものもあるが、これに対しスギ花粉皮内反応陽性率は増加の傾向を保っており(図2)、社会的問題ともなっている。スギ花粉の有病率は、全国的には10%程度と考えられる。1988年に行われた、全国のアレルギー外来に対する抗原頻度のアンケート調査(1986・1987年度アレルギー性鼻炎患者対象)によると、スギが35%、イネ科が10%、ヨモギ・ブタクサが約7%、カナムグラが0.2%であった(図3)。スギ花粉症について地域別でみると、近畿、関東地方で40%前後と高かった(図4)。北海道では、スギは花粉抗原として問題とされていなかったため、抗原検査に加えられておらずその実態は不明であるが、スギ花粉症は極めて少ないであろう。イネ科花粉症は東北、北海道で頻度が高い。ヨモギ花粉症は中部、北海道、東北で頻度が高い。ブタクサ花粉症は中国・四国、近畿、関東、九州地方で頻度が高い。また、北海道ではシラカンバ(シラカバ)という地域特異的な花粉抗原があり、本州でも一部の地域で問題になる。静岡県ではヤマモモやアカシアの花粉症が見られる。瀬戸内海ではオリーブの花粉症、除虫菊花粉症が、高野山ではコウヤマキ花粉症が見つかっている。このように、北は亜寒帯、南は亜熱帯に属する日本では、国全体の面積は小さいが、花粉抗原の種類が多く、花粉抗原別の重要度に地域差が大きい。

拡大して表示する
奥田稔:鼻アレルギー 基礎と臨床,医薬
ジャーナル社,大阪,P119,1999

1970~1993年での鼻アレルギー患者のダニ、ヨモギは皮内反応陽性率から見ると、1980年頃からプラトーまたは微増の傾向に達しつつあり、室内塵、アルテルナリアはやや増加している。これに比しスギ花粉抗原陽性者はさらに増加し、鼻アレルギーの増加の重要な原因となっている。

拡大して表示する
宇佐神篤ほか:現代医療,31,(増IV):2831-2841,1999
拡大して表示する
宇佐神篤ほか:現代医療,31,(増IV):2831-2841,1999
花粉カレンダー

全国8地域、21種類の花粉の飛散時期をカレンダー形式でご確認いただけます。

監修:東海花粉症研究所 所長 宇佐神篤先生

参考文献:「厚生省花粉症研究班 日本列島空中花粉調査データ集」